男性育児休業後の雑記

男が育児休業ってどうなの?使えるもんは使っておけ!

育児休業最後の日

121日に渡る育児休業、今日が最後の日となりました。

育児休業なので今日一日はセガレと一緒に使うと決めていた。

 

まず朝一、今日は資源ゴミの日なので空き缶を持って集積所へ。いつもは早朝からひとりトボトボ行くんだけど、今朝はセガレが起きるのを待って抱っこヒモでかついで一緒に。

 

ゴミを捨てたら、抱っこからおんぶに切り替えて離乳食ストックと晩ご飯作りに取りかかります。

今日は

おかゆ(大中小の3規格に分けて)

・にんじん

・かぶ

・ほうれん草

・小松菜

・タマネギ

・青菜と人参と粉豆腐の煮物

オートミールとリンゴのおやつ

です。

ちなみに晩ご飯は離乳食の残菜とモヤシの野菜炒めと、娘の大阪土産である551のシューマイ。

 

いや、過酷すぎ…

我ながらやり過ぎた。

午前中めいっぱい使って終了。

その間ずーっとおんぶしていたもんだから、普段とは違うところがコリコリですよ…

 

セガレの昼食を済ませたら、我々夫婦とわざわざ有給を取った弟バカの姉を引き連れアカチャンホンポへ。

待ちに待った新馬戦、今回は「ハイハイ相撲」に出馬登録しています。

 

相撲とは名ばかり、ずーっと座ってりゃ絶対負けない親バカイベント(笑)

 


f:id:ikukyuchu:20180315190411j:image

 

ちなみに競技中、親は相手の子を巧みに誘導し、土俵の外に連れ出すという姑息な手段が認められています。

妻と娘はふたりがかりでスマホを取り出す掟破りな技を駆使するも、セガレが食いついてしまうという凡ミス(笑)

対戦相手の子は、あらかじめ用意されていた犬のぬいぐるみに脅えてギャン泣き。

犬嫌いだったそうで。

 結局相手は終始泣きっぱなし、セガレは周りのお母さん達にニコニコ愛想を振りまくだけで双方微動だにすることなく同体で両者勝利という結末。

 

何だったんだろう、このイベント…

 

来週はいよいよメインの「ハイハイレース」だそうです。これは動かないと勝負にならないため、今度こそヤバいよ。

娘は今から特訓と称してYouTubeで動画をあさってます(笑)

 

 

さて、一日中セガレと家族と過ごした121連休最終日。

皆で休みを重ねればあるっちゃあるけど、二度と無い瞬間ってのはこの事です。

 

昨年の11/15からの121日は私の人生で最も充実した日々であり、セガレの記憶には残らなくても私の記憶には残り、セガレの人生には絶対に関わってくる日々であったと自負しています。

すでにふたりの子どもを成人させてはいますが、働きながらでは見逃しがちな子どもの成長を肌で感じ、失礼ながら母親の苦労を軽んじる世の中は間違えている事を肌で感じ、何より産んだ母親にすがる子を見て絶対に父親は母親を越えることができないと感じた121日間でした。

そして、夫と子供の「世話」を抱えなければならない妻の苦労をどのように軽減し、父親としてセガレのこの先にどのように関わればいいのかもわかったような気がします。

この121日間の正誤の答えが出るのはセガレの成長を待ってからだとは思いますが、これからもセガレファースト、妻ファースト、家庭ファーストでやっていこうと思います。収入源の代えはあっても家族の代えはありませんから。

むしろ収入源に関しては理解があると「見せかけ」、しっかりと報復してくるのも分かりました。

 

その辺りも踏まえ、現状を変えられる人物に育って欲しい、育てていきたい、そんな事を思いながらイヤーな仕事に戻ろうと思います。