男性育児休業後の雑記

子育て・家庭菜園・変形性膝関節症・高位脛骨骨切り術なんかについて語ります

保育園入園説明会

行ってきました。

意外に夫婦一緒に来ている方も多くてビックリ。

まぁ、ウチもなんだけど(笑)

 

しかし、時代も変わったよね。

良い方向に向かっていると思います。

上の娘やセガレの保育園時代、20世紀の後半には育児休業どころか保育園に父親が出入りするのも珍しかったのに、平日の入園説明会から夫婦で参加だから。

こういった時代だから、子育ても収入を得るのもチームでやらないとね。役割分担って言っても、ノータッチの分野があっちゃいけません。

 

 

で、話を聞いていると…

園によっても違うんだろうけど、だいぶ変わったよね。

準備するものが各段に減ってるよ。

つか、ほとんどウチにあるもので事足りる。

布団を用意しなくていいってのに驚いた。

カバーから何から全て園で用意してあるって。

デカいバスタオル一枚でいいそうです。

 

食事も事細かに聞かれたけど、食材はガチで個人に対応して離乳食を作るって。

幸いウチはナス以外は8ヶ月対応離乳食の食材を食べたことがあるので問題ないけど、隣に座っていた若夫婦はフリーズドライとレトルトしか使ったことがなく、ほぼ全滅って泣きが入ってました。

食べたことがない食材は一切与えないそうなので、おかゆとうどんとソーメンしか食べれないって…

ただ、ウチの味付けを聞いて離乳食担当者が泣き入れてたけど(笑)

基本的に納豆以外はニコニコ食べるからよろしくお願いしますって言っておいた。

 

セガレさんは説明会の間お預かりされてたんだけど、お腹いっぱいで機嫌が良かったのかすっかり保育士の人気者になってた。

とにかく誰にでも微笑む子なんで。

で、その「間」が絶妙なんだ。

自分でも思ってたんだけど、言葉を理解してるんじゃないか?ってくらい。

実は今までそう思ってはいたけど、赤の他人に、ましてや保育のプロたちに口をそろえて言われると妙に疑わしくなる…

 

 

 

まぁ、それはさておき説明会が終わり、特に準備だの出費がないことに胸をなで下ろしつつ、あと一週間で職場復帰ってのを思い出して肩を落とした今日の昼下がりのお話しでした。