男性育児休業後の雑記

男が育児休業ってどうなの?使えるもんは使っておけ!

保育士とは職業なのか?生き方なのか?

セガレちゃんが保育園に通うようになって間もなく一年。

昨日は保育園に預けるメリットについて書いたが、今日は実際に面倒をかけている保育士の皆さんを考察。

 

この一年で保育園に対して感心する事は多々あるが、不満に思うことが何ひとつない。

セガレちゃんと言えば、毎朝登園するのを心待ちにしているくらいだし。

 

娘ちゃんや愚息クンもセガレちゃんとは別の園だったのだが、その時も保育園に不満を感じたことはなかったと思う。

 

これは保育園の最前線、いわゆる現場で頑張る保育士の皆さんのおかげなんだろうね。

本当に頭が下がります。

 

仕事とは言え赤の他人の子どもに対して全責任を負い、調べてみれば意外なまでの薄給…

絶対に好きじゃないとできないよな…

 

 

ちなみに、私の母親も保育士でした。

余談ではあるが、本人曰わく保育士じゃなくて保母なんですって。

何のこっちゃ?

と思うのですが、本人がそうだって言うんだからねぇ…

まぁ、そういう訳で保母でした(笑)

 

保育園の給食室のパートから始まり、ものすごく苦労をし、働きながら資格を取っての就業です。

そんな母がよく言っていました。

一に園児、二に親御、自分は三の次だと。

働き方改革はどこに行ったんですか(笑)

 

 

しかし、母は大好きだった保育という職を、介護のために無くしました。

その介護が終わっても家の都合で職に戻ることはなく、熟年離婚を経て今日に至ります。

 

ちょっと便の悪いところに住んでいるため、頻繁に会うこともできないのですが、たまにセガレちゃんに会ったときに、その経験と能力が炸裂します。

 

人見知りの激しいセガレちゃんが母にかかると…

再会の度に大泣きからスタートなのですが、ものの数分で笑顔とともに打ち解けています。

母が人攫いだとたまらんなって思うくらい。

 

そんな母が言います。

 

子どもは預かっていたけど育ててもいる。

自分が産み育てたのは3人だが、預かり育てたのは何百何千だと。

人生最後の子どもはセガレちゃんかねぇ…

と。

 

今の人生じゃもう無理だけど、生まれ変わっても保母になって、次は何万何十万と育てたいとも。

 

 

思いました。

この人にとって保育士は職業じゃなくて生き方なんだなって。

保育士じゃねー、保母だって面倒くさいこと言いそうだけど(笑)

 

最近じゃ年のためか耳も遠くなり会話もままならないけど、いつまでも鬱陶しくてカッコイイ自慢のお袋のお話でした。