男性育児休業後の雑記

男が育児休業ってどうなの?使えるもんは使っておけ!

義母が亡くなりました

先日の記事↓


ついにドラレコを新調する...予定 - 男性育児休業後の雑記

ここに書かれている「ツマの実家にこだわる」最大の理由。

それが義母の病気。

 

過去にもチョロっと触れていたと思うけど、義母は難病を患っていました。

その義母が、昨夜亡くなりました。

享年61歳。

あまりにも早すぎる死です。

 

死因は癌。

 

始まりは2年前の年末に発見された膵臓がん。

ここは奇跡的に手術ができて、執刀した医師も会心の手術だったと。

これなら術後5年も乗り越えられそう、そんな話をしていました。

 

しかし、その一年後に腹膜への転移が見つかり、61歳の誕生日を向かえた時に肝臓への転移が確認され...

 

義母は、何でこんなに痛くて苦しいのか理解できない、そんな事を言っていたそうです。

そして肝転移をきっかけに、緩和ケアへの変更を希望しました。

 

こんなご時世だし、幸い近所に通院可能な系列病院があるので在宅メインです。

それからは、ツマも時間が空いた時にはセガレちゃんを連れ、なるべく顔を見せるようにしていました。

 

そんな事も日常になり、色々と苦労はあるけど何年かは持ちこたえちゃうんじゃない?

GWには義父母夫婦にツマとセガレちゃん、4人で箱根一泊くらいならできちゃうかな?

などと甘い考えを持った矢先でした。

 

昨日の夕方、義父から明らかに様子が違うから病院に連れて行くとLINEが入り、その後即入院。

結局最初のLINEから5時間後、アッと言う間に息を引き取りました。

 

セガレちゃんは私と一緒に自宅待機だったのですが、何か空気を読んだのか何時にも増して良い子です。

時折「かーちゃん...」と切なそうに呟かれるのがたまらなかったのですが。

 

セガレちゃんには、まだ義母が亡くなった事を伝えていません。

3歳児に死の概念から教えなければいけないのか、ライトな感じでお星さまになりましたで済ませるのか...

 

結婚前にツマと同居すると報告した時、そして結婚すると報告した時、節目ではいつも意地の悪い宿題を提示してきた義母ですが、逝くときにもシッカリと宿題を出していきました。

 

この課題をクリアすると、この先もうあの意地の悪い宿題が無いのかと思うと...

 

ガラにもなく、しんみりしています。