男性育児休業後の雑記

子育て・家庭菜園・変形性膝関節症・高位脛骨骨切り術なんかについて語ります

高尾山で結婚式を挙げた際の祝膳

もうすぐ結婚記念日なので、しみじみと振り返っていたらこんな画像があった。

 

高尾山薬王院で挙式した際の祝膳。

山の上の、しかもお寺でこれは…

 

場所が場所なので、いくらお金を出しても二度と口にはできないってのが残念。

いや、ホントに美味しかった…

 

 

 

献立です。
f:id:ikukyuchu:20180527113940j:image

 

胡麻豆腐。

泡醤油でいただきました。

雲丹が乗っていないものなら、通常でも食べられるのかな?
f:id:ikukyuchu:20180527114152j:image

 

椀です。

種は祝膳の定番、蛤。
f:id:ikukyuchu:20180527114221j:image

 

これ絶品。

塩蒸しした真鯛キャビア・モロヘイヤを添えて、ポン酢ジュレでいただきます。

サッパリしているけど、モロヘイヤのネットリで味が一体になる感覚は初めての経験。

自分でもやってみたけど、なかなかこうは行かないんだ(T_T)
f:id:ikukyuchu:20180527114203j:image

 

煮物は鴨。

鴨って言えば治部煮ね。

どっちかって言うと、細工切りの亀人参に目が行っちゃったけど(笑)f:id:ikukyuchu:20180527114237j:image

 

穴子の押し寿司。

鴨の時にも思ったんだけど、精進料理の板前さんって煮物が上手だよね。

真似しようにも、オレには無理だと早々に諦めました。
f:id:ikukyuchu:20180527114256j:image

 

お造り。

春子鯛の昆布〆。

何でまた真鯛じゃなくて春子なのかって?

一番は予算でしょうね(笑)

何しろ安いから。

ただね、5月の終わりだから産卵を終えた真鯛よりも、まだ一年魚で生殖には関係のない春子に、昆布〆ってひと手間入れた方が味は良いし、何しろ祝膳だから。

個人毎に尾頭付きの姿造りにするなら、春子のサイズじゃないと無理だわ。
f:id:ikukyuchu:20180527114310j:image

 

焼き物は意外にもローストビーフ

肉は普通なんだけど、ソースが絶品。

豆腐マヨネーズにピンクペッパーを散らしてます。

これはホントに美味しかった。

式の後に思わずレシピを聞きに行ったけど、普段出す事のできないものだからって教えてもらえなかった(T_T)
f:id:ikukyuchu:20180527114324j:image

 

伊勢海老の天ぷらと手打ち蕎麦。

これは天ぷらを野菜にすれば、通常提供されているものと同じ。

ただここの板前さん、修行のスタートが蕎麦屋だったこともあり、普通に美味しい蕎麦がいただけます。

鰹出汁を使わない精進料理の蕎麦もたまには良いもんです。

個人的には濃厚な鰹出汁に、重厚なかえしの藪系の方が好みだけど(笑)
f:id:ikukyuchu:20180527114340j:image

 

最後にデザート。

6品ひと口ずつの盛り込み。

義母はものすごく喜んでいたけど、これは全く印象に残っていない…

やっぱり甘味は甘味専門の人が居ないと…

コースとしては不成立かな?

って印象。
f:id:ikukyuchu:20180527114352j:image

 

 

多分に私の好みで論評しましたが、もう4年も前なのにけっこう覚えているものですね。

これは和洋折衷でお願いしたのですが、和食コース、精進コースもできるそうです。

 

そして気になるお値段。

ひとり追加毎に料理は1万6千円。

ちなみに樽酒付の飲み放題は、ひとり4千円だったかな?

山の上の割にリーズナブルだなって感じたのを覚えています。

 

あの時は自分がホストだったので食を楽しめなかったのですが、次は招待客で参加したいものです。

 

誰か薬王院で挙式しないかなぁ…

しないよな、普通(笑)

娘ちゃんや愚息クンがやるって言っても反対しちゃうよ、面倒くさいから。

ましてやセガレちゃんなんて…

さすがにオレが生きてる気がしない(笑)