男性育児休業後の雑記

男が育児休業ってどうなの?使えるもんは使っておけ!

ワクチン接種のお話

先週の事かな?

7月14日に一回目のワクチンを接種してきた。

今日はその時のお話。

 

先ず接種した所は、セガレちゃんの保育園の近くの個人医院。

自治体の集団接種会場と違い、恐ろしく不便な立地。

なので、予約が取りやすい。

接種券が届いたその日に2回目まで、スンナリと予約が取れました。

 

ちなみに私はワクチン接種推奨派でもなければ、ワクチン反対派でもありません。

独り者なら打たないかもね。

痛いの嫌いだから(笑)

 

じゃあ何でって?

そりゃ、この国の伝統、同調圧力に負けたから。

自分だけなら気にもしないけど、女房子どもがいるからさ。

そんな訳で、後ろ向きながらワクチン接種を済ませたという訳。

 

直後は「打ったところより、いつもの膝と肩の方が痛いよ」なんて軽口叩いていましたが、異変が起きたのは接種8時間後くらいから?

 

実は睡眠中で全く記憶にないのですが、Fitbitの睡眠スコアで何となく分かりました。
f:id:ikukyuchu:20210723222556j:image

7月15日だけちょっと変でしょ。

本人は眠っているつもりでも、全く眠っていない?

異常事態ってのはこの事。

意識がないからどうって事はないんだけど(笑)

 

しかし、悲劇は朝起きてから。

針を刺した左腕が腫れて、かなり痛い。

しかし、それより何より身体中の関節が激しく痛い。

動ける気がしないくらい痛い。

もう何年も膝の痛みに堪えてきたオレが、絶叫するレベル。

 

それでも漏らす訳にはいかないので、ツマに支えてもらいつつ悲鳴を上げながらトイレへ(笑)

 

具体的には、

・右肩の五十肩の痛みMAX

・右肘から手首への腱鞘炎の痛みMAX

・首が固まったように動かし辛い

・肩と首の関係でか?頭痛MAX

・背中~腰の激痛

・左臀部~足首までの神経痛

・両足首、両膝内側の痛みMAX

・接種した左腕が痛い

 

こんな感じ。

要は過去も含めた全身の故障箇所が、全て炎上した感じ。

生きているだけでツラいと思ったとは、この事。

 

医者からは接種24時間前から24時間後まで服用中の薬を全て止めるように言われていたけど、そんな事を言っている場合じゃないよ、これ。

 

とは言え、家には誰もいないので薬を飲めるわけもなく、ゴルゴ13の如く静かに回復を待ちました。

尿意と便意を催さないことを祈りながら(笑)

 

接種したのが7月14日の15時半。

身体の異変は23時頃にスタート。

 

回復はどの辺りからかなと思いながら安静にしていると、それは意外に早く訪れまして、7月15日の11時くらいかな?

いきなり頭痛がなくなり、痛いながらも身体を動かせるようになる。

 

そしてワクチン接種から24時間後、薬の服用解禁の15時半になると、まるで憑き物が落ちたように全ての痛みが退いていきましたよ。

例えると、上から下から出した瞬間に二日酔いが覚める感じ。

 

余計に分かりづらいか?(笑)

 

結局24時間後から薬は飲んだんだけど、その前にいつもの肩と膝の痛みだけ残し、その他の不調はキレイさっぱりなくなりました。

 

 

 

後日、薬剤師に聞いたところ、薬の服用は止めなくてよかったようで…

止めたことで身体中の故障箇所が炎症を起こしたみたい。

 

 

次回は8月4日の15時半。

さて2回目のワクチン接種はどうなることやら…

 

乞うご期待です。